なまけもの活動日記

ゲームや音楽、サブカルチャーがすき。

古典を学ぶ 物語の続きを考える

雨は嫌いではないけれどこれだけ続くとちょっと嫌だなあと思います。ちょっとジメジメした気持ちですが今回の振り返りをしていきたいと思います。

 

今回は三回目。源氏物語の続編について掘り下げていっていただきました。そこから自分達でも考えてみようというワークです。

源氏物語

 まず、源氏物語の説明からして頂きました。源氏物語というのは三部構成になっていて

一部 光源氏天皇になる

二部 光源氏がなくなるまで

三部 光源氏の死後、その子孫たちの話

という構成。三部は初めて知りました。あまりぱっとしないというか試行錯誤感があるそうな。靄っとした終わり方になっている。

三部の内容として、薫(源氏の息子、しかしほんとの父は柏木)とライバル兼親友ポジの匂宮がヒロイン浮舟に思いを寄せますが、浮舟は薫に匂宮ともよい雰囲気になったことが露見したらどうしようという思いから命をたとうとしたところに現れたお坊さんに助けられ、そのまま出家。薫は浮舟は自殺したというウワサを聞いていましたが、生きているということをお坊さん越しに聞き浮舟への手紙を彼女の弟越しに届けますが浮舟は弟にすらあわずに、という形で物語が終わります。

率直な感想はなんかもう家系図がすごい。匂宮は薫が光源氏の直の息子、ということで嫉妬みたいな感情があったそうだけど、薫は実の息子じゃないっていう。薫が浮舟を姉に似ているっていうのもなんかもう関係性が地獄じゃないですか…あとこの時代から登場人物の関係性(三角関係みたいな)のが現代の作品でも人気、よくある構図っていうの面白いなって思いました。昔から変わらない好まれるものなんだろうか。個人的には浮舟の最後会わないって選択は好きで、そんなにもやもやしなかったんだけど、確かになんで書いたんだろう、とは思いました。もやもやする読者が多かったならその時に求められていた物語の結末の方向性ではなかったんだろうし。

なんで紫式部は三部を書いた?

これは先生から出された問です。私はこの結末について考えて欲しい・そこから続きを書いてほしい、と考えていたのかなと思いました。大多数の人にもやもやさが残る結末にしてあるからこそ。他の人の考えだとこんなのがあって、

・四部があった

・誰かのため

・人気があって望まれたため

ああ、なるほどなあ、って思いました。個人的には誰かのためっていうのがとてもいいなって。確かに、受け取る誰かが決まっているのならば、その人にとってはもやもやしない結末なのではないか、そもそも読み解けるものが違うかも、と納得。あと普通にエモくて好きです。他の二つもなるほど!だしそうだよね!って感じです。人気があれば嫌でもかくかもしれない。実際に有力視されている考え方として

・浮舟を自分と重ねて自分のために書いた

・言葉のである時代的特徴からみて、妹が書いた作品である

というモノがあるみたいです。言葉の特徴から作者が違う説おもしろいな…と思います。当たってなくてももし紫式部が書いていたならめちゃくちゃ文学的流行の最先端にいた証明ぽくてなんかいいなあ。

 

続きを考えてみる

ここからグループで続きを考えてみました。まずは物語の把握から。そこからどうするよ、って感じになったんですけれど「だれかころそう」という鶴の一声からとんとん、と割と決まった印象です。じゃあなんで?だれが?どうして?ってなった時にまた別のメンバーから「ボヤ騒ぎにしよう!!」と天啓が。そこから決まった物語が

薫は浮舟への思いも尽きなくて、浮舟も現世への未練が尽きなかったところに、浮舟の住んでいた場所でボヤ騒ぎが起きる。何とか逃げ出したが、力づきて倒れているところに薫がボヤ騒ぎ聞きつけおとずれる。互いに思いを伝えるが、浮舟は亡くなってしまい、姉や浮舟など大切な存在をなくした薫は光源氏のように女性を渡り歩くようになってしまう。

 

です。私はほんとにアイデアだしが苦手で、今回は文を書く係でしたがこれほんとすごい。他にも浮舟が母親に会いに行くという案なども出ましたが、最終的にボヤがあれど思いが伝わるというルートをくぐりながら、薫が光源氏2世になるという輪廻で終わるの完璧というか天才だな、とメモを取りながら思いました。浮舟がなくなった、で終わってもよかったはずだけど最後にそのひらめきがでてくるのは、自分では絶対無理だったのでほんとに二人に感謝です。グループワークだと予想外のひらめきがいっぱいで面白い。あと、すってアイデア口に出せるのすごく大事だな、と思いました。なかなか「だれかころそう」とかって言えないかもしれないけど、臆せず言ってくれたからこそ今回の話が出来上がりましたし、ちょっとしたひらめきでも口にだす、って重要でそれを拾えるようにならないと、と思いました。二人に今回かなり頼ってしまったので私はアイデアを出すという基礎から訓練しなくてはと再確認。インプットとアウトプットの練習いっぱいします。

他のチームの作品も面白くてびっくり。恋愛アドバイザーや駆け落ちなどアイデアの違いに驚きました。実際に話してもらった四部に近いもの、共通項もあってたのしい。またメンバーが違えば違う物語の続きができていたんだろうなと思うと面白いです。

 

何故私たちは古典を学ぶのか

私は今回のお話を通して、やっぱり古典を通して今とは違う価値観や考え方を取り入れ、考えるためなのかな、って思いました。変わるモノ、変わらないモノはあるけれどそれらを考えることってすごく大切ですごく難しい。まず自分の価値観とかって早々変わらないけれど古典を通してちょっと今とはちがうそれに触れると「なんでかな」と考えるきっかけになると思いました。たぶん、現代のものでも違う価値観にふれて考えることはできるけれど、古典という昔のものだからこそ考えられることがあるはずだと思います。まだ、こんなもの!とまでは言えないけれど…。それに、古くから残っているものだから多分、現代にはそぐわないものもあるだろうけど、今とは違っても大切な価値観や考え方があるはずだとも思う。

 

古典を高校の授業とはちょっと違う形で教えてもらってきて、古典て遠巻きにしちゃいがちだけど、音楽や映画を見るようにもっと身近に楽しめるものなのかな、とも思いました。変わらない考え方とか好まれるものとかを知るのも純粋に面白いし、そうやって視点を広げていけたらきっと、色々のものをこれから見ていく中で楽しいし、面白いし、気づけなかったものに古典ならでは知識や価値観で出会えるはず。(現にここ数日見てた舞台配信の地獄のような家系図をみて源氏物語か??って思ったりした)なんだか古典が学ぶためにも、自分が好きな何かをもっといろいろな方面から感じるためにも大切なものに感じられました。

横山先生ありがとうございました!