なまけもの活動日記

ゲームや音楽、サブカルチャーがすき。

8/5 WOMEN’s Career in FUKUOKAに行ってきた

 単位はやばそうだけどなんとか夏休みに入れました。そんなこんなで今回は「WOMEN’s Career in FUKUOKA」に参加させていただきました。学生枠があったので、「女性ではたらくこと」について聞く機会もなかなかないなし、せっかくならと思い申し込みました。

 

▷聞いてみたいこと

今回聞いてみたいな、と思っていたことは

・福岡って働きやすいの?

・女性が働くことの大変さとかそれを解消する方法など

の2つです。あとは実際に色んな業種で働く人の話(特に女性目線)が聞いてみたかった。CCFesでCSのイメージがめちゃくちゃ変わったので、色んなお仕事や会社のこととか聞けたらいいな~って感じです。上の一つ目はよく、福岡働きやすい!ってきくし、働く女性人口が多いって聞いてたので。二つ目は、よくニュースとかネットで見るけど具体的には私理解しきれてないし、実際の声を聴く機会もないし、自分が働くときにいい環境や会社の在り方とか知れるかな、と思ってこのあたりを知れたらいいな、って参加しました。

 

行ってみた

 今回はヌーラボさんのオフィス内が会場でした。子供さんとの参加枠があり、小さい子が遊んでる姿がちょこちょこ目に入ります…!めっかわ…!それもあってか、若いお母さん世代の方が多そう。優しそうな雰囲気ですし、やっぱりこういう子供さんと一緒にこれるよ!ってイベントじゃないとなかなか参加できない方もいそう。これだけでも働く女性(お母さん)って大変そう、ってひしひしと感じました。

 

 最初、始まるまでに横に座っていた方が声をかけてくださりました。ヒェ…メッチャウレシイ…。今は子育て系の会社でエンジニアさんをやっているそう。ちょっとプログラミング興味あるんですけど初心者で…。って相談したらサイトとか、会社や言語ごとによる特徴とか教えてくださいました。優しい…。プログラミングとかで手に職があると、自宅勤務やフリーランスで幅が広がるよね、といわれていて、プログラミングやっぱり魅力的だなと感じました。もとは保険の営業やっていたけど、独学でプログラミングを勉強して今の会社に入られたそう。お給料は良かったけど(契約取れる人は凄くもらえてたらしい。)ノルマがきついし奨めたくないものも奨めるときもあって転職されたらしく、お給料で会社を決めない方がいいかも、というアドバイスもいただきました。確かに自分がいい!と思えないものを売るのは嫌だなと思います。その上ノルマがきついのは自分お給料が良くても続きそうにないです。想像だけでムリ…。あと、会社を探すサイトなどで一概には言えないけどお給料が書いてない会社の方がホワイトだったとのこと。その分、しっかりした制度などでアピールしていて、順当なお給料も出るそうです。反対の認識だったのでびっくり。そういうとこもあるんだな、と勉強になりました。また、今の会社は子育てに理解があり、定時が早く、残業もほぼないからいいというお話もしてくださいました。働く女性、特に親になるとこういうところがネックになるんだな、とこの日は凄く感じました。

 

 ここからイベント本編です。まず、今回イベントを開くことになった説明から。女性に対して特化したいわけじゃないけど、キャリアに関して女性特有の悩みが多すぎるよね、ということから。そして、今回パネルディスカッションをする、3人の方の自己紹介がありました。メルペイの方、ヌーラボの方、ラインの方の3人です。お三方とも、子供さんがいらっしゃるお母さん。自己紹介で一番気になったのは、ラインの最近担当された事業。空飛ぶあわびドローンが衝撃的でした。また、市民通報システムというのがあることを初めて聞きました。例えば、壊れている遊具を写真に撮ってこのラインに送ると、休みの日でもお役所のしかるべきところに情報が届くというもの。写真の位置情報から場所を割り出すらしい。めっちゃ便利…。きれた外灯などが多くとどくみたい。コミュニケーションツールってだけじゃないんだな、と思いました。この後パネルディスカッションがあり、5個の質問について話されました。その中で特に気になったのが後半2つの質問です。

 

 まず、「キャリアチェンジとターニングポイント」という質問です。

メルペイの方→リーマンショックによって価値観が変わった。大企業であっても約束されたものがない。自分より人の成長がうれしかったので人事に。

ラインの方→サポートがする仕事がしたい。PRでは私たちが何者であるかを一定して伝えることに気を付けている。

ヌーラボの方→お客様、受注生産も楽しかったけど自分のプロダクトが作りたい。

 この中でも一番気になったのが大企業でも約束されたものがないということ。大企業がいい!安定してるっていう意見も多いけれど、今の時代は一概にそうといえないんだなあ。また、転職などで業種が変わるところの話で、いきなり全く別の業種に転職したように見えても、すり足で準備してる、という話を聞いて、準備やそのためのスキルを身に着けることって重要だなと感じます。

 

 もう一つは、「今の働き方ができる大きな要因」という質問です。

メルペイの方

・男性が育休をとるのが当たり前。

・病児保育などにお金が出る制度や会社自体の雰囲気・子育てに理解がある。

ラインの方

・チャレンジする人・ラインにかけたい人を重視(自分が働ける時間内で)

・意思を大事にする社風

ヌーラボの方

・月に一回の育児休暇がある

・会社に理解がある、育休が取れる

 

 この回答を聞いてて、育児休暇などの子育てに関するシステムがしっかりしていること・会社が子育てに理解があることが重要だと感じました。この二つがそろう会社って社員の方や会社自体も魅力的な雰囲気なのではないかと思います。また、働き方についても、時短ではなくフレックスという働き方であることといわれていたことが印象的です。時短だとお給料が下がるし、その時間内で成果を落とさず出さなければならない。似て非なる働き方で、実際に働くとこんな違いが出てくるんだ…。と思いました。今まで違いについて考えたことなかったかも。CCFesでも、フレックスという働き方について聞いたのですが、女性が働くこれからの世の中ではもっと注目される・取り込んでいかないといけない働き方なのではないかと感じられました。

 

 この後懇親会で何人かの方とお話することができました。他の大学の学生さんだったり、色々な業種の方がいらっしゃいました。そこで聞いたら、福岡ってコンパクトで住みやすいとのこと。色々なものが近い。登壇者の方はパネルディスカッションの際に東京では遅くまで働いて朝早く出てた。自分で何とかするスタンスだった。と話されていて、土地によって働き方って変わるのかな、と思いました。CSの方にもお話が聞けて、CSの仕事ってやっぱり魅力的だな、と感じました。また、ちょっと驚いたのが、結構転職をされている方・しようとしている方が多いということです。登壇者のかたも幾つか転職されていたり、最後に話をさせてくださったグループの方々も転職中だったり転職を考えていたり。こんなにも転職をする方が実際にいるんだ、ということが驚きでした。転職って思っているより普通のことで、これからはみんなが会社をいろいろわたりながら仕事をするということが当たり前になるのかな、とも思います。

 

まとめ、きになること

 この日のまとめとしては、持ってった質問に対して

・福岡はコンパクトでよい、幼稚園などもまだ預けられる。

・子供がいることや女性特有のライフサイクルで、育児休暇やフレックスなどの働き方ができないと働くことが難しい。

という二点がしれました。話をさせていただいた人は転職で福岡にきて住みやすい・働きやすい、といわれていたのが印象的でした。また、育児休暇などが実際にとれる会社は雰囲気自体もよさそうだなあとも思えました。就活するときは良くても、結婚などをすると働きやすい会社って変わりそう。だから転職って多いのかな、とも思います。また出てきた疑問は、転職のことやフレックスについてです。もっと考えたり、きいてみたいなと思います。

 最後まで優しい人が多く、色々なキャリアの人がいて話を聞けたのが良かったです。女性だけでのイベントってなかなかないし、まだたぶん全部は理解しきれてないとこもあるだろうけど(自分が親でないし、働いてないので)いけてよかったな、と思います。まだまだ大学生活あるので頑張れ!って言ってもらえたりして、がんばろう!と思えました!また、色んな業種の大人の方と話せる機会があれば参加してみたいです。